一人暮らし費用節約マニュアル

家電リスト

一人暮らしにおすすめな冷蔵庫の容量・サイズとは

一人暮らしを始めるのに必要な家電のひとつに冷蔵庫があります。

私が初めて一人暮らしを始めたときに買った冷蔵庫は、85リットルの小型タイプでした。当時はまだ省エネタイプがあまり販売されておらず、「一人暮らしだから小さいサイズで充分だろう」とあまり調べずに買ってしまいました。

実際使ってみるとペットボトル数本と少しの食材でいっぱいになってしまい、節約の為にスーパーでまとめ買いした食品・食材が入りきりません。無理矢理いっぱい詰め込んで使っていた為、常にフル冷却状態でした。

小型の冷蔵庫だからといって、かかる電気代が少ないわけではありません。毎日24時間稼動し続ける家電だからこそ、容量に余裕がある省エネタイプを選ぶのがおすすめです。

容量がピンとこない方は、一人暮らしをしている友人や実家の冷蔵庫を見て、どのくらいの食品・食材が入るのか確認しておきましょう。

また、自炊を毎日するか・しないか、一回の買い物でどのくらいの食品・食材を冷蔵庫にしまうかによっても、適切な容量は変わってきます。

私の場合ほぼ毎日自炊をするので、現在はシャープ製の345リットルの冷蔵庫を使っています。省エネタイプ・脱臭機能付き・ドア数3枚です。ちょっと一人暮らしには大きいかなとも思いましたが、2リットルのペットボトルや、たくさんの野菜をしまっておけるので重宝しています。

冷蔵庫を比較して選ぶ際は、容量や価格の他に扉の開く向きも確認しておきましょう。一人暮らし向けの賃貸アパートでは、冷蔵庫を置ける場所がほぼ決まっている場合があります。冷蔵庫の扉の開く向きと、面する壁の方向が合っていないと非常に使いづらくなってしまいます。

※両開きタイプですと問題ありません。また、中央から左右に扉が開く観音開きタイプもあります。

家計簿のつけ方・コツ

一人暮らしの家計簿で毎月の出費を減らす方法

一人暮らしの家計簿で毎月の出費を減らす方法

家計簿は、主婦の方が家計を管理する為につけるというイメージがありますが、一人暮らしのサラリーマン・OLの方、学生さんが利用しても、もちろん効果はあります。

最初は簡単な方法・面倒にならない方法で良いので、とにかくつけ始めて最初の一歩を踏み出すことが大切です。家計簿をつけると毎月の出費が具体的な金額で分かるようになりますので、続ければ続けるほど出費を減らす工夫をするように生活習慣が変化してきます。

家計簿は最低でも月1回は見直し、計算して合計金額を割り出します。次の月のお金の使い方・節約できる項目が見えてくれば、家計簿をつけたことによって得た価値は大きいです。

一人暮らしは家族と暮らしているのと違い、お金の使い方について注意してくれたり、アドバイスしてくれたりする人は基本的にまわりにいません。限られた金額ではありますが、自分の意思で自由にお金を使えます。ついつい出費が大きくなってしまう方には特に家計簿はおすすめです。はっきりとした出費金額が毎月分かれば、お金を使い過ぎないように自分自身にブレーキをかけてくれるからです。

家計簿が長続きするか自信がない方は、ぜひノートに貼るだけの簡単家計簿をお試し下さい。家計簿をつけることが苦になっては出費を減らす効果は期待できません。簡単で手軽な方法でも長続きさせて出費を減らすきっかけをつかめば、自信につながります。

簡単な家計簿に慣れてきたら、市販されているものやエクセル(Excel)家計簿を使ってみるなど、自分に合った方法を探っていくのが良いと思います。