一人暮らし費用節約マニュアル

一人暮らしの部屋選び

賃貸物件の下見で押さえておきたいチェック箇所とは

借りようとしている賃貸物件を探す際には、部屋を下見(内覧)しますが、インターネットやチラシで見る間取り図だけでは把握できない部分があります。

実際に見て触って納得のいくようになっているか、しっかりと確認しておきましょう。

立て付け

窓(網戸)や収納の扉、部屋と部屋を区切っているドアなど、動く部分は全て動作させてみましょう。

私が体験した例では、収納の扉が左右に開くタイプだったのですが、左右の扉がほんの少しずれていてかみ合わず、閉まりづらかったということがありました。

気になる箇所を発見したら、契約前に直してもらえるか確認しておきましょう。

カーテンレールや雨戸の有無も一緒にチェックしておくようにします。

日当たり

人によっては日当たりを気にしない方もいらっしゃいますが、実際には生活していくのにとても大切なポイントです。

日当たりが悪いアパートの1階の部屋で、水はけが悪い構造になっている場合、梅雨の時期に収納スペース(押入れ)の床に水が溜まる(結露のような水滴が発生する)こともあり得ます。

また、間取り図に南向きと書いてあっても、実際に部屋のリビングに入ってみると日当たりが少ない場合があります。

下見は日当たり具合が確認できる昼間に行くようにして、窓やベランダの近くに日光をさえぎる建物がないかチェックしておきます。

壁紙や床の痛み具合

新築の場合はあまり神経質になることもありませんが、ある程度築年数が経っている物件の場合、ハウスクリーニングを済ませてある状態でも目立つ傷やほつれ、染みが見つかることがあります。

気になる箇所はその場で質問しておくようにし、修繕が可能かどうか確認するようにしましょう。

音の響き具合

隣にどのような人が住んでいるのか確認するのは難しいですが、もし空き部屋になっていた場合は、音の漏れ具合の程度をチェックできるチャンスがあります。

もし隣の部屋の鍵を開けてもらえるようでしたら、携帯から何かしらの音楽・着信音を鳴らしてみましょう(同時に携帯の電波状況が良好か確認します)。

聞こえる音がすごく気になってしまい、ストレスになってしまうタイプの方は、あらかじめ防音完備の物件を選んでおくのが良いと思います。

隣人トラブルの原因になることが多い「音漏れ」を事前に防げることになります。

水道とシャワー

案内してくれた物件担当者に了解をもらえたら、実際に蛇口をひねって水を出してみましょう。

詰まっていたり、排水口に流れていくのがスムーズでない場合は、修繕可能か聞いてみます。

お風呂場(ユニット)のシャワーは、予想以上にお湯の出(水圧)が弱い場合があります。

後でがっかりしないように出る勢いを見ておきましょう。

※電気や水道など、物件(不動産)によって下見の段階では使用できない場合があります。