一人暮らし費用節約マニュアル

必需品のリスト

いろいろな料理に使えるラーメン鍋

基本的には、ご飯を作る分量がいつも一人前になる為、大きい鍋やフライパンは使うことが少ないと思います。

一人分の自炊に意外と重宝するのが、ラーメン鍋(正式には片手鍋)です。

ラーメン鍋は、煮込みラーメンのことではなく、調理器具の鍋のことです。

小さめのサイズで、片方に取っ手があり、蓋もついているシンプルな構造になっています。

即席ラーメンを作るのに利用するのはもちろん、切った野菜を入れた味噌汁、肉を入れたスープを作ったり、お米を入れておじや・混ぜご飯のようにしたり、使い道が豊富です。

少量であれば、肉や野菜を直接炒めることもできます。

私が愛用しているのは、どこにでも売っているステンレス製で取っ手にカバーがあるタイプですが、料理での使い心地にこだわる方は、本格的な銅鍋を選んでも良いでしょう。

取っ手が取り外し可能、IH対応、フッ素加工、圧力鍋として利用できるタイプなど、実に様々な種類があるので、お店で実際に触れてみて選ぶのをおすすめします。

ちなみに、注ぎ口がついているタイプを選ぶときには、注ぎ口の向きを確認してみてください。

普段、左右どちらの手で鍋を持って注ぐようにしているか、実際に持ってみて確認し、逆にならないように注意しましょう。

昔は右利き用ばかりでしたが、近年では両方に注ぎ口が付いているタイプや、左利き用の片手鍋も販売されています。