一人暮らし費用節約マニュアル

節約して貯金を増やす方法

消費税増税後の食費を以前と同じ出費で抑えるには

2014年4月1日より、消費税が5%から8%に引き上げになりました。

国の政策で仕方ないとはいえ、一人暮らしでかかる出費を節約している方にとっては、痛いことですよね。

同じ時期にお給料が増えた場合は問題ないかもしれませんが、そのような方はおそらくごく一部でしょう。

2014年4月以降も出費の金額を同等に抑えるには、いくつか方法があると思いますが、すでに電気代やガス代を気を付けて節約している方にとっては、これ以上抑えるのは難しいかもしれません。

嗜好品や趣味に使うお金以外で出費を下げやすいのが食費です。

買う量をいきなり減らすと健康的によくありませんので、買い方を工夫してみましょう。

例えば、野菜・魚介類(生鮮食品)はなるべく旬のものを選ぶようにします。

自然災害の影響や収穫量の増減などによって左右されることも多いですが、基本的に時節に合った野菜・魚介類は、価格が安くなる傾向があります。

一人暮らしで自炊をしていると、買う食材がワンパターンになってきませんか?

今まで買ったことがなく、かつ安い材料を購入し、新たなレシピを開拓してみると、レパートリーが増えて楽しめます。

作り方が分からない場合は「材料名 レシピ」という文言で検索すると、写真画像付きで丁寧に解説しているWebサイト(クックパッドなど)がたくさん出てくるので、参考にしてみてください。

もしこだわりが強くないようであれば、お米のランクを落とすことも有効です。

お米は一度に支払う金額が最も高いほうの食品類になります。

(身体にはよくありませんが)袋麺やカップラーメンを一人暮らしの食事によく利用する方は、箱買いをするとひとつあたりの値段を下げられる場合があります。

箱買いを推奨しているスーパーや、ネット通販がありますので、ひいきの銘柄がある方は確認してみると良いでしょう。

インターネットから注文する場合は、送料も1個あたりの価格計算に含めるようにしてください。

食品を特売日にまとめ買いして冷凍保存する場合は、大ざっぱでも良いのであらかじめ作る料理の計画を立てておきましょう。

使いきれずに駄目にしてしまうと、結果的に損をしてしまいます。

初めはまとめ買いする量を1週間分くらいに抑えておき、悪くなりやすい食材から消化する使い方に慣れていきましょう。