一人暮らし費用節約マニュアル > 一人暮らしの費用・生活費 > 一人暮らしで光熱費を計算して平均出費額を割り出す

一人暮らしの費用・生活費

一人暮らしで光熱費を計算して平均出費額を割り出す

一人暮らしをしていて必ず毎月かかる費用の中に光熱費があります。光熱費とは一般的にガス・電気、暖房に使われる灯油などの費用をさし、水道を含めて「水道光熱費」を呼ばれることもあります。

毎月家計簿をつけていると、月・季節によって光熱費が変化することに気付くと思います。夏は冷房、冬は暖房といったエアコンに使われる電気代や、冬はお風呂の浴槽に熱いお湯をためたり、暖かい料理を作る為のガス代がかかります。

一人暮らしの家計を安定させるには、光熱費が予想以上の出費額にならないようにするのが理想です。特にエアコンに代表される家電は、気付かないうちに長い時間使用してしまっていることがあるので要注意です。

私の場合、毎月かかる光熱費は、

  • 電気代・・・2,800~3,000円
  • ガス代・・・1,100~1,600円
  • 水道代・・・1,500~1,700円

になります。エアコンをなるべく長い時間使わないように心がけていたので、7、8月のかなり暑い時期でも電気代が大幅に上昇することはありませんでした。

一人暮らしを始めたら、光熱費を家計簿につけて平均出費額を割り出してみましょう。急に金額が上昇している時期があったら節約するポイントを見つけたことになります。生活の中で無意識に使っているエアコンなどの家電を、時間や頻度を意識しながら使うと生活費の節約につながります。

<<ご飯を冷凍保存する・おいしく食べる解凍方法とコツ| 一人暮らし費用節約マニュアル |家計簿の予算の立て方【毎月の貯金を少しでも増やす】>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一人暮らしで光熱費を計算して平均出費額を割り出す

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/19