一人暮らし費用節約マニュアル > 一人暮らしの費用・生活費 > 一人暮らしで部屋を借りるときの初期費用とは

一人暮らしの費用・生活費

一人暮らしで部屋を借りるときの初期費用とは

一人暮らしを始めるときに借りる部屋を探すのは大変なことですが、これからの新生活を想像して楽しみながらできると良いですね。

初めて部屋を借りる方は「初期費用っていくらかかるの?」「家賃以外にどのような支払いがあるの?」など、疑問があると思います。地域によって呼び名や意味が違う場合がありますが、以下に一般的な家賃以外の費用をご紹介します。

礼金
契約時に大家さんに謝礼として支払うものです。1度だけの支払いで、家賃の1、2ヶ月分が相場です。
敷金
契約時に大家さんに預けるお金です。借りた部屋から退去(引越し)するときに、修繕費が差し引かれて残りの金額が戻ってきます(戻らず逆に支払いが発生する場合もあります)。また、家賃の未払いや、部屋を故意に破損させた場合に敷金からその金額が差し引かれます。
関東では家賃の1、2ヶ月分が相場です。
仲介手数料
物件(部屋)を紹介してくれる不動産屋に手数料として支払うものです。家賃の1ヶ月分が相場です。大家さんと直接交渉して部屋を借りる場合は発生しない費用です。
前家賃
入居する日から次の家賃支払日までの日割り家賃を前倒しで支払います。
例えば、4月の途中から入居する場合は、4月の残りの日数分と5月分を合わせた金額を前払いします。
保険料
火災保険(家財保険)に加入することが入居の条件になっている場合が多いです。1~2万円くらいが相場です。

一人暮らしの部屋を借りる初期費用として、家賃の5、6倍のお金が必要になる計算になります。
※物件の条件や、地域の慣習によって異なる場合があります。

<<お風呂の追い炊きを控えてガス代を節約する| 一人暮らし費用節約マニュアル |部屋のコンセントの数・位置をチェックしよう>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一人暮らしで部屋を借りるときの初期費用とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/23