一人暮らし費用節約マニュアル > 一人暮らしの費用・生活費 > 月収に対する家賃の割合はどのくらいが妥当か

一人暮らしの費用・生活費

月収に対する家賃の割合はどのくらいが妥当か

一人暮らしの部屋を探して決める際の条件は、駅からの距離・間取りなどがありますが、最も気になるのは毎月の家賃ではないでしょうか。

部屋の条件が合っていても家賃が高かったり、家賃は安いけれども部屋に気に入らない点があったり、借りる部屋を決定するときに迷ってしまうこともあるでしょう。

これから住み始める大切な一人暮らしの部屋ですから、自分に合った部屋がいちばんですが、無理して家賃の高い部屋を選ぶと生活が困難になることがあります。

「生活費を無理なくやりくりしていくには、家賃は月収の1/3以内」とよく言われています。どこにお金をいくら使うのかによって変わってきますが、私の一人暮らしの経験では実際に1/3の割合では厳しいです。

収入源となる仕事の雇用形態は正社員・派遣・アルバイトと種類がありますが、給料から健康保険料や年金が引かれない場合は、自分で全額支払わなくてはなりません。

車を所持している場合は、駐車場料金の他にガソリン代・保険料・車検などの維持費が必要になります。

また、冠婚葬祭や、急な体調不良・怪我などで予想外の出費が突然発生することもあります。

忘れてはならないのが賃貸物件・アパートでは2年ごとに契約の更新手続きがあります。更新料は手数料込みで、家賃1~2ヶ月分くらいの金額(地域によって相場・慣習が異なります)がかかります。契約更新日の直前になって急にお金を用意するのは難しいので、毎月の生活費から貯金しておくのが良い方法です。

買い物するときに財布から払うお金はすぐイメージできても、それ以外にかかるお金ははっきり把握しにくいものです。部屋を探しに行く前に、一人暮らしの費用・生活費をしっかりシミュレーションしておき、少し余裕のある金額の家賃で探すのが良いでしょう。

どうしても譲れない部屋の条件・理由がない限り、家賃は月収の1/4以内におさめるのが安全です。

<<キッチン(料理・食器洗い)での水道代を節約する| 一人暮らし費用節約マニュアル |大学ノートでつける自由度の高い家計簿>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 月収に対する家賃の割合はどのくらいが妥当か

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/49