一人暮らし費用節約マニュアル >節約して貯金を増やす方法

節約して貯金を増やす方法

消費税増税後の食費を以前と同じ出費で抑えるには

2014年4月1日より、消費税が5%から8%に引き上げになりました。

国の政策で仕方ないとはいえ、一人暮らしでかかる出費を節約している方にとっては、痛いことですよね。

同じ時期にお給料が増えた場合は問題ないかもしれませんが、そのような方はおそらくごく一部でしょう。

2014年4月以降も出費の金額を同等に抑えるには、いくつか方法があると思いますが、すでに電気代やガス代を気を付けて節約している方にとっては、これ以上抑えるのは難しいかもしれません。

嗜好品や趣味に使うお金以外で出費を下げやすいのが食費です。

買う量をいきなり減らすと健康的によくありませんので、買い方を工夫してみましょう。

例えば、野菜・魚介類(生鮮食品)はなるべく旬のものを選ぶようにします。

自然災害の影響や収穫量の増減などによって左右されることも多いですが、基本的に時節に合った野菜・魚介類は、価格が安くなる傾向があります。

一人暮らしで自炊をしていると、買う食材がワンパターンになってきませんか?

今まで買ったことがなく、かつ安い材料を購入し、新たなレシピを開拓してみると、レパートリーが増えて楽しめます。

作り方が分からない場合は「材料名 レシピ」という文言で検索すると、写真画像付きで丁寧に解説しているWebサイト(クックパッドなど)がたくさん出てくるので、参考にしてみてください。

もしこだわりが強くないようであれば、お米のランクを落とすことも有効です。

お米は一度に支払う金額が最も高いほうの食品類になります。

(身体にはよくありませんが)袋麺やカップラーメンを一人暮らしの食事によく利用する方は、箱買いをするとひとつあたりの値段を下げられる場合があります。

箱買いを推奨しているスーパーや、ネット通販がありますので、ひいきの銘柄がある方は確認してみると良いでしょう。

インターネットから注文する場合は、送料も1個あたりの価格計算に含めるようにしてください。

食品を特売日にまとめ買いして冷凍保存する場合は、大ざっぱでも良いのであらかじめ作る料理の計画を立てておきましょう。

使いきれずに駄目にしてしまうと、結果的に損をしてしまいます。

初めはまとめ買いする量を1週間分くらいに抑えておき、悪くなりやすい食材から消化する使い方に慣れていきましょう。

節約して貯金を増やす方法

銀行のATM手数料を一度も支払わないようにする方法

年間の支出の中で、積み重なって意外と大きい金額になりやすいのが、銀行のATM手数料です。

ATMを利用する頻度が高いと、例えば1回で105円、月5回支払っている場合、1年間で6,300円の余分な出費をしている計算になります。

1、2回ではわずかなので、気付かないかもしれませんが、積み重なってくるともったいないと感じる金額になると思います。

銀行のATM手数料を年間通して1円も支払わないようにする為には、以下の方法をおすすめします。

夜間にお金を下ろさない

メジャーな都市銀行の中には、土・日でも指定の時間内なら手数料無料のところがあります。

平日は忙しくてお金を下ろしにいけないという方でも、土・日どちらかで1週間必要なお金を下ろすようにすれば、ずっと手数料を支払うことなく過ごせます。

私の場合、以前転職した際に、降りる駅から職場までの道のりで自分が利用している銀行のATMがどこにあるかインターネットで調べました。

すると、意外と駅の構内や店舗の入り口などにATMが設置されていることが分かりました。

もし、週末に行き損ねたとしても、出勤時に立ち寄って下ろせるようにしています。

時間外である夜間や、コンビニのATMは、残高を確認するときくらいしか利用していません。

生活費と貯金(預金)は別の口座に入れておく

給料が入ったら必要な生活費を手数料の無料サービスが優れている銀行に移しておき、お金を貯めておく口座は別にしておくという方法です。

お金を下ろし過ぎて無駄な出費をしてしまうのを防止できますし、無料の時間帯(曜日)が多い銀行だけで下ろすようにすれば、手数料の支払いを最小限に抑えられます。

また、ATM手数料が無料になるネット銀行を利用する方法もあります。

銀行によって違いがありますが、残高金額やサービスの利用頻度などの条件を満たすと、指定回数はATMで出金しても手数料が取られません。

急な出費が発生し、コンビニで下ろさなくてはいけなくなったときに重宝します。

節約して貯金を増やす方法

給料日前にお金が残っていない3つの理由

一人暮らしを続けていて、いつも給料日前になるとお財布の中身がピンチになってしまう方は、出費内容を一度見直してみましょう。

私の経験から、振り返ってみると無駄な出費をしたなぁと感じた事項をまとめておきます。

コンビニの利用回数が多い

コンビニエンスストアは24時間いつでも開いてますし、生活に必要なものが豊富に揃っていて便利ですが、やはりほぼ定価で売られている商品は、よほど緊急の時を除いて買うべきではありません。

なるべくお休みの日にスーパーや薬局、ディスカウントショップ等でまとめて購入するようにしましょう。

買うべきものを忘れてしまう場合は、平日に携帯電話にメモしておき、週末見返すといった習慣を付けておくと良いです。

先輩・上司からの飲みの誘いが多い

サラリーマンの方にはお馴染みの「ビールを飲んで疲れを癒して次の日の活力に!」ですが、(上司の奢りだっととしても)時には断る勇気も必要です。

毎度誘われるがまま付き合っていると、出費が重なった上に、次の日は二日酔い・身体のだるさでパフォーマンスが下がるという悪循環が生まれます。

これは人によって大きく意見が分かれると思いますが、基本的に会社関連の飲み会は生産性がないと言いますか、プラスには働かないことが多いと思います。

愚痴・文句を聞いたり、上司の機嫌をとることにストレスを感じたり…ネガティブな方向に向かいがちです。

真っ直ぐ家に帰ってビジネスに役立つ勉強をしたり、気の合う友人・恋人と過ごしたり、趣味等で気分転換したほうがずっとプラスに働くとは思いませんか?

しかし、きちんとコミュニケーションが向上して、仕事にプラスに働く良い飲み会も確かに存在するので、判断が難しい面もありますね。

きちんと計画せずにクレジットカードを使ってしまう

クレジットカードは翌々月の支払い(引き落とし)の場合が多いので、「まだいけるだろう」と使ってしまうことがあります。

そのような方におすすめなのが、携帯メールによるお知らせを設定しておくことです。

パソコン用のメールアドレスに設定してしまうと、後でまとめて見るようになってしまうので、リアルタイムで確認できる携帯電話やスマートフォンのメールアドレスを設定しておきましょう。

メールを確認した際に、受信ボックスにクレジットカード会社からのメールがたくさんたまっていれば危機感を感じるはずです。

メールが届く度に金額を携帯に記録しておくのも有効ですね。

私は現在、もうほとんど公共料金の引き落としやネット通販での購入のみで、お店などの支払いではクレジットカードは利用していません。

ポイントのシステムだけお得に利用して、店舗での支払いは現金のみにすると管理がとても楽になり、使い過ぎることもありません。

節約して貯金を増やす方法

100円ショップを活用して家計を助ける

最近の100円ショップはありとあらゆる商品が揃っており、医薬品や電化製品などの大きな物を除けば、一人暮らしに必要なものがほとんど買い揃えられる感じですね。

私の地元にはダイソーがあり、職場の近くにはローソン100がありますが、買い物をするときに普通のお店やスーパーで買うか、100円ショップで買うか迷ってしまうことがあります。

毎月の生活費や節約を考えると、安く済ませたいという考えがありますので、目的や商品によってどちらで買うか変わってきます。

食品
産地やメーカーに特にこだわりがない食品であれば、1gあたりの価格を計算してお得なほうを購入します。
むき出しで売られている野菜・果物等を除けば、ほとんどの食品には必ず表示が付いていますので、携帯電話の電卓機能を使い、価格を重さ(容量)で割って判断します。
また、すぐに食べない食品は賞味期限も要チェックですね。
文房具や日用雑貨・消耗品
これまでの経験から、ほとんど100円ショップで購入することはありませんでした。
特に文房具類は長持ちしたことがなかったのです。
シャープペンシルの先が少し弱って芯が出にくくなったり、ボールペンのインクが詰まって書けなくなったり…。
でも、一人暮らしを始める初期費用を抑えるのに役立つのが食器類です。
デザインにこだわりがない場合は、低価格でひと通り揃えられます。
大切に使えば割れずに長持ちする商品もたくさんありますが、電子レンジで使いたい場合は耐熱なのかチェックするようにしましょう。

緊急性があって期間限定で必要なのか、ずっと使い続けたいものなのか目的によって選択することもポイントです。

100円均一をうまく活用して一人暮らしの費用を節約させて下さい。

節約して貯金を増やす方法

地域のスーパー・お店のチラシがネットで見られるShufoo!(シュフー)で特売情報をチェックする

食費や日用雑貨・消耗品代を節約して出費を減らすには、安い価格で買い物することが理想ですね。

住んでいる地域で一番安いスーパーやドラッグストア、ホームストアで購入するには、新聞に挟まっている折込チラシをチェックし、特売情報やタイムセールの時間・商品などをチェックしておくことがポイントです。

でも、新聞をとっていない方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで便利なのが、インターネットで無料でいくらでもチラシが見られるサービス「Shufoo!(シュフー)」です。

シュフーは、自分が住んでいる地域の郵便番号・住所・駅名等で検索すると、近くのお店から出されている広告チラシをパソコンの画面上で拡大して閲覧することができます。

お気に入りの店舗をサイトに登録しておくと、チラシが発行されたときにメールで知らせてくれる機能もあります。

私の地元には西友、ヤオコー、ジャスコがあるのですが、事前にシュフーで安売りの食品を調べてから買い物に出かけるようにしています。

同じ商品でもより安いお店で買うことができるので、家計管理に貢献してくれてます。

また、パソコンだけでなく携帯電話にも対応しているので、お出かけ先でチェックして閲覧することもできます。GPS機能があるモバイルなら、現在位置から近い店舗を調べてくれるので、とても便利です。

ここ最近使用者が激増しているスマートフォンですが、シュフーはiPhone/iPadにも対応しています。

仕事帰りに夕食何にしようかな?と考えながら電車の中でチラシをチェック。この便利さをぜひ体験してみて下さい。

節約して貯金を増やす方法

生活費の内訳を見直して出費額を減らす

一人暮らしの家計をやりくりしていくには、月に1度家計簿を見直して出費金額を確認し、来月のお金の使い方を計画することが有効です。

先月よりも出費がいくら上がった・下がったということを見ることも必要ですが、総額に対する割合をたまに確認してみると意外な点に気付くことがあります。

例えば、総出費額が160,000円で食費が15,000円かかった場合、約9.4%といった形でそれぞれの項目でパーセンテージを割り出してみます。

金額ではピンとこなくても、パーセントで見ると「外食費の割合が思っていたより高い」など、今までのお金の使い方を見直す良いきっかけとなります。

エクセルで家計簿をつけている方は、ぜひグラフ作成機能を活用してみましょう。色分けされた円グラフで各項目を視覚的に把握することができます。

生活費の内訳を客観的に知ることは、これからの家計のやりくりの参考となるはずです。

  • ビールを買う本数を減らそう。
  • ガソリン代節約の為に、週に一度は自転車を使おう。
  • スーパーの特売品をチェックして食費を減らそう。

など、対策を実行することによって割合が変化し、結果的に貯金を増やせたり、別の有効な使い道ができたりします。

節約して貯金を増やす方法

楽天カードで公共料金を引き落としするメリットとは

一人暮らしに限らず毎月必ず発生する出費は、水道光熱費や固定電話通信料などの公共料金です。

家計を安定させるには、節約して毎月の出費を減らし、費用・生活費がなるべくかからないようにする必要があります。

加えて支払い方法を変更するのも節約に有効です。通常は銀行引き落としやコンビニで支払いをしますが、楽天カード引き落としに変更すると楽天スーパーポイントを貯めることができます。

楽天ポイントは支払った金額の1%をポイントとして獲得し、1ポイントを1円相当として買い物に使うことができます。

他の1,000円で10ポイント貯まるクレジットカードとは違い、100円で1ポイントもらえるので、1,000円未満の少額の支払いでも確実にポイントを貯められるというメリットがあります。

公共料金以外でも携帯電話やインターネットプロバイダ、NHK受信料など、毎月一定の金額を出費している支払いを楽天カード引き落としに変更することによって、貯まるポイントをさらに増やすことが可能です。

貯めたポイントは、1億点以上の商品から好きなものを選んで交換、またはポイント分を値引きしたかたちで購入することができます。

楽天市場は買えないものがないと言えるくらい豊富に商品が揃っており、手に取れるものだけでなく、旅行での運賃・宿代、美容室・ヘアサロン代や電子書籍までもポイントで購入できるのです。

お店でクレジットカード支払いするのは抵抗があるという方でも、毎月の固定出費である公共料金は、楽天カード経由の支払いで後々利用できるポイントを貯めておくのがお得です。

年会費がずっと無料で使用できる楽天カードの恩恵を利用いただき、一人暮らしの生活費のやりくりに役立てて下さい。

また、インターネットでご利用明細を簡単に確認・ダウンロードできるサービスがありますので、家計簿をつけるのにも便利というメリットがあります。

節約して貯金を増やす方法

キッチン(料理・食器洗い)での水道代を節約する

一人暮らしの生活費を管理し、家計のやりくりを上手にこなしていくには水道光熱費を最小限に抑えることが重要なポイントになります。

毎日行う自炊や、キッチンで食器洗いするときのちょっとした工夫で、毎月の水道代を節約できるようにしましょう。

少量の野菜に煮る・ゆでるときは、電子レンジかフライパンを使う。
じゃがいもやブロッコリーなどを使って料理するときに鍋でお湯を沸かしてゆでることがあります。一人暮らしだと作り置きする以外は少量であることがほとんどです。大きい鍋にお湯を沸かすのはもったいないので、フライパンに浅くお湯をはって野菜をゆでると水の使用量が少なくなります。
また、丁度良い大きさの耐熱容器に切った野菜を入れてラップをかけ、電子レンジでチンすると早く火を通すことが可能です。
お米のとぎ汁を食器洗いに役立てる。
使った食器を洗いおけにつけておくことがありますが、新たに水を出さずにお米のとぎ汁につけておきましょう。しつこい油汚れやご飯粒が落としやすくなります。
ソースやたれは新聞紙で拭き取る。
ハンバーグやミートソーススパゲティなど、食べ終わった後のお皿にソースやたれが残ることがあります。そのまま洗いおけに入れずに、新聞紙や要らなくなったチラシで汚れを拭き取っておきましょう。ひと手間かけることで食器洗いにかかる水を減らすことができます。
蛇口にシャワーをつける。
水道の蛇口にシャワーをつけておくと、少ない量で広い面に水を当てることができます。食器をすすぐ際の時間を短縮することは、使用する水を少なくする効果が期待できます。

料理や食器洗いなど、毎日行うことを少しでも改善して一人暮らしでかかる1ヶ月の水道代を減らしていきましょう。

節約して貯金を増やす方法

スーパーで食品の買い過ぎを防止する方法

一人暮らしの節約では、毎月の生活費を管理して家計をうまくやりくりできるようにすることが大切です。うっかり予算オーバーしないように、金額を計算しながら買い物するように心がけましょう。特に食費は最も節約しやすいと同時に、少し気を緩めるとすぐに大きな出費になりがちなので要注意です。

スーパーのレジで精算してもらうときに、予想より支払い金額が多くてびっくりしたことはありませんか?スーパーで食品を買い過ぎないように、ちょっとした工夫をしてみましょう。

必要最低限のお金だけ財布に入れて持っていく
スーパーに買い物に行くときは、1ヶ月分の食費を全て財布には入れず、1回分の金額だけを持つようにしましょう。一人暮らしの家計管理に慣れてきたら、1回ごとの買い物予算を少し削って貯金などに回していけるようになるとベストです。
空腹時に買い物に行かない
お腹が空いているときに買い物に行くと、売られている食品がより空腹感を刺激します。本当に必要なもの意外も買い物かごに入れてしまう原因になりかねません。食費の節約は、食材を無駄なく使いきることが大切です。冷静に値段や分量を判断できるように、ご飯を食べる直前に買い物に行くのは避けましょう。
携帯電話の電卓機能で買い物かごに入れた食品の値段を計算する
より正確に食費を管理したい方におすすめの方法です。買い物かごに入れた食品の値段を携帯電話の電卓機能で加算していけば、レジで予想外の合計金額になることはありません。

ちょっとした工夫・方法で、毎月の食費を節約することができますので、思ったように一人暮らしの生活費が計算・管理できないという方はぜひ実践してみて下さい。

節約して貯金を増やす方法

一人暮らしの電気代が節約できる生活習慣とは

一人暮らしの電気代は、実家暮らしをしていたときと違い、毎日の生活習慣がそのまま電気代に反映されます。家計簿を見直す、又は電気代使用料のお知らせ(領収証)を確認して毎月どのくらい電気代がかかっているかチェックしてみましょう。

毎月の電気代が高い・なかなか出費を抑えられないという方は、自宅での生活スケジュールの詳細を紙に書き出してみると客観的に電気がどれくらい使われているか確認できます。

  • 朝食を摂りながら15分程テレビをみる。
  • 夜お風呂の後にドライヤーを3分使う。
  • 休日の昼間は3時間くらいエアコンを使っている。

など、時間を含めた詳細をあらためて見直すと、おおまかでも電気代の計算ができます。

書き出した項目を全て見直し、毎日使っている家電や照明の使用時間・頻度を少しでも減らす方法を考えてみます。

  • 昼間エアコンをつけた日は、夜寝るときに使わないようにする。
  • 休日の前日は2時間早く就寝するようにして、照明・テレビ・パソコンの使用時間を減らす。
  • 朝出勤前の準備時間に余裕をもたせるようにしてドライヤーの使用時間を1分でも短縮する。

といった形で、小さいことでも毎日の積み重ねが毎月の電気代を節約することにつながります。簡単なことでも、たったひとつのことでも生活習慣として身に付けていけば必ず電気代に反映されていきます。

私の一人暮らしの経験で、いちばん効果が大きかった電気代の節約は「エアコンの使用時間を減らす」ことでした。特に真夏の暑い時期はエアコンの使用時間が大幅に増えやすいので、扇風機を併用して過ごすようにしました。エアコンをつけたい放題していた時期と比べると、電気代を月2,000円くらい下げることに成功しました。

電気代を節約したい・電気料金を下げたいと考えている方は、簡単に始められることから実践してみて、慣れてきたら節約する項目を増やしていくが良いです。無理なく一人暮らしの節約を生活習慣として身に付け、年間の電気代の平均金額を下げていきましょう。