一人暮らし費用節約マニュアル > 節約して貯金を増やす方法 > 銀行のATM手数料を一度も支払わないようにする方法

節約して貯金を増やす方法

銀行のATM手数料を一度も支払わないようにする方法

年間の支出の中で、積み重なって意外と大きい金額になりやすいのが、銀行のATM手数料です。

ATMを利用する頻度が高いと、例えば1回で105円、月5回支払っている場合、1年間で6,300円の余分な出費をしている計算になります。

1、2回ではわずかなので、気付かないかもしれませんが、積み重なってくるともったいないと感じる金額になると思います。

銀行のATM手数料を年間通して1円も支払わないようにする為には、以下の方法をおすすめします。

夜間にお金を下ろさない

メジャーな都市銀行の中には、土・日でも指定の時間内なら手数料無料のところがあります。

平日は忙しくてお金を下ろしにいけないという方でも、土・日どちらかで1週間必要なお金を下ろすようにすれば、ずっと手数料を支払うことなく過ごせます。

私の場合、以前転職した際に、降りる駅から職場までの道のりで自分が利用している銀行のATMがどこにあるかインターネットで調べました。

すると、意外と駅の構内や店舗の入り口などにATMが設置されていることが分かりました。

もし、週末に行き損ねたとしても、出勤時に立ち寄って下ろせるようにしています。

時間外である夜間や、コンビニのATMは、残高を確認するときくらいしか利用していません。

生活費と貯金(預金)は別の口座に入れておく

給料が入ったら必要な生活費を手数料の無料サービスが優れている銀行に移しておき、お金を貯めておく口座は別にしておくという方法です。

お金を下ろし過ぎて無駄な出費をしてしまうのを防止できますし、無料の時間帯(曜日)が多い銀行だけで下ろすようにすれば、手数料の支払いを最小限に抑えられます。

また、ATM手数料が無料になるネット銀行を利用する方法もあります。

銀行によって違いがありますが、残高金額やサービスの利用頻度などの条件を満たすと、指定回数はATMで出金しても手数料が取られません。

急な出費が発生し、コンビニで下ろさなくてはいけなくなったときに重宝します。

<<賃貸物件の下見で押さえておきたいチェック箇所とは| 一人暮らし費用節約マニュアル |一人きりのご飯を楽しむ工夫とは>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 銀行のATM手数料を一度も支払わないようにする方法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/67