一人暮らし費用節約マニュアル > 節約して貯金を増やす方法 > 賞味期限が長い缶詰を常備して料理レシピに活用する

節約して貯金を増やす方法

賞味期限が長い缶詰を常備して料理レシピに活用する

一人暮らしで毎日自炊していると、急に食材が切れたり、献立がうまく決まらなかったりすることがあります。そんなときに役立つのが、缶詰です。

缶詰は、賞味期限がとても長いですし、種類がとても豊富なので様々な料理に使えます。業務用スーパーなどでまとめ買いしておき、部屋の日の当たらない場所に常備しておくと便利です。

パスタやサラダ、サンドイッチ、炒め物など、たくさんの料理に使える上に安いのがツナ缶です。数ある缶詰の中でもいちばんのおすすめです。トマトホール缶やコーンなども色々な料理に使えますね。

スーパーのチラシなどをチェックして、缶詰の特売が掲載されていたら、ぜひ買いに行ってみましょう。自炊するときの献立に役立てるだけでなく、いざというときの非常食として常備するのも良いですね。

缶詰を使うと下ごしらえが楽になる効果もあります。料理にたくさんの時間がかけられないときに、きっとあなたの助けになってくれるはずです。自炊は無理をすると続かなくなるので、缶詰を活用して自分のペースで楽しみながら続けていきましょう。

<<一人暮らしで毎月かかる電気代はいくらか?| 一人暮らし費用節約マニュアル |一人暮らしで重宝する炊飯器の選び方>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 賞味期限が長い缶詰を常備して料理レシピに活用する

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/14