一人暮らし費用節約マニュアル > 節約して貯金を増やす方法 > 一人暮らしの電気代が節約できる生活習慣とは

節約して貯金を増やす方法

一人暮らしの電気代が節約できる生活習慣とは

一人暮らしの電気代は、実家暮らしをしていたときと違い、毎日の生活習慣がそのまま電気代に反映されます。家計簿を見直す、又は電気代使用料のお知らせ(領収証)を確認して毎月どのくらい電気代がかかっているかチェックしてみましょう。

毎月の電気代が高い・なかなか出費を抑えられないという方は、自宅での生活スケジュールの詳細を紙に書き出してみると客観的に電気がどれくらい使われているか確認できます。

  • 朝食を摂りながら15分程テレビをみる。
  • 夜お風呂の後にドライヤーを3分使う。
  • 休日の昼間は3時間くらいエアコンを使っている。

など、時間を含めた詳細をあらためて見直すと、おおまかでも電気代の計算ができます。

書き出した項目を全て見直し、毎日使っている家電や照明の使用時間・頻度を少しでも減らす方法を考えてみます。

  • 昼間エアコンをつけた日は、夜寝るときに使わないようにする。
  • 休日の前日は2時間早く就寝するようにして、照明・テレビ・パソコンの使用時間を減らす。
  • 朝出勤前の準備時間に余裕をもたせるようにしてドライヤーの使用時間を1分でも短縮する。

といった形で、小さいことでも毎日の積み重ねが毎月の電気代を節約することにつながります。簡単なことでも、たったひとつのことでも生活習慣として身に付けていけば必ず電気代に反映されていきます。

私の一人暮らしの経験で、いちばん効果が大きかった電気代の節約は「エアコンの使用時間を減らす」ことでした。特に真夏の暑い時期はエアコンの使用時間が大幅に増えやすいので、扇風機を併用して過ごすようにしました。エアコンをつけたい放題していた時期と比べると、電気代を月2,000円くらい下げることに成功しました。

電気代を節約したい・電気料金を下げたいと考えている方は、簡単に始められることから実践してみて、慣れてきたら節約する項目を増やしていくが良いです。無理なく一人暮らしの節約を生活習慣として身に付け、年間の電気代の平均金額を下げていきましょう。

<<手数料無料のネット銀行口座開設で金利以上のお金を支払わない| 一人暮らし費用節約マニュアル |一人暮らしの自炊に必要な調味料とは>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一人暮らしの電気代が節約できる生活習慣とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/36