一人暮らし費用節約マニュアル > 節約して貯金を増やす方法 > スーパーで食品の買い過ぎを防止する方法

節約して貯金を増やす方法

スーパーで食品の買い過ぎを防止する方法

一人暮らしの節約では、毎月の生活費を管理して家計をうまくやりくりできるようにすることが大切です。うっかり予算オーバーしないように、金額を計算しながら買い物するように心がけましょう。特に食費は最も節約しやすいと同時に、少し気を緩めるとすぐに大きな出費になりがちなので要注意です。

スーパーのレジで精算してもらうときに、予想より支払い金額が多くてびっくりしたことはありませんか?スーパーで食品を買い過ぎないように、ちょっとした工夫をしてみましょう。

必要最低限のお金だけ財布に入れて持っていく
スーパーに買い物に行くときは、1ヶ月分の食費を全て財布には入れず、1回分の金額だけを持つようにしましょう。一人暮らしの家計管理に慣れてきたら、1回ごとの買い物予算を少し削って貯金などに回していけるようになるとベストです。
空腹時に買い物に行かない
お腹が空いているときに買い物に行くと、売られている食品がより空腹感を刺激します。本当に必要なもの意外も買い物かごに入れてしまう原因になりかねません。食費の節約は、食材を無駄なく使いきることが大切です。冷静に値段や分量を判断できるように、ご飯を食べる直前に買い物に行くのは避けましょう。
携帯電話の電卓機能で買い物かごに入れた食品の値段を計算する
より正確に食費を管理したい方におすすめの方法です。買い物かごに入れた食品の値段を携帯電話の電卓機能で加算していけば、レジで予想外の合計金額になることはありません。

ちょっとした工夫・方法で、毎月の食費を節約することができますので、思ったように一人暮らしの生活費が計算・管理できないという方はぜひ実践してみて下さい。

<<引越し業者の見積もりを比較して料金・費用を安くする方法| 一人暮らし費用節約マニュアル |一人暮らしの家計簿で毎月の出費を減らす方法>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スーパーで食品の買い過ぎを防止する方法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/40