一人暮らし費用節約マニュアル > 家電リスト > 電子レンジを比較!一人暮らしに最適な電子レンジの選び方

家電リスト

電子レンジを比較!一人暮らしに最適な電子レンジの選び方

一人暮らしの料理・自炊では、ガス台よりも電子レンジのほうが使用頻度が高くなります。特に借りる部屋(賃貸物件)がプロパンガスの場合、ガス台の火ばかりを使っているとガス代が高くなってしまうので、なるべく電子レンジで料理したほうが、光熱費・生活費の節約になります。

一人暮らし向けの電子レンジは比較的安く買うことができますが、長く愛用する為にも、機能を比較して自分にぴったりのものを選ぶのが良いですね。

電子レンジの機能・特徴には、以下のタイプが挙げられます。

フラット庫内
フラット庫内とは、電子レンジ内の食品をのせて回るターンテーブルがなく、底が平らでフラットになっています。庫内をたっぷり広く使えて、お手入れ・掃除がしやすいという利点があります。
トースト(トースター)機能
主に食パンを焼く為の機能です。庫内容量が大きいとヒーターとパンの距離が大きくなる為、パンを焼くのに時間がかかり、おいしく焼けないことがあります。
オーブンレンジ
電子レンジにオーブン機能が付いた(一体化した)ものです。電子レンジで内部から食品を温め、仕上げにオーブンで表面にこんがり焦げ目を付けるなど、料理に応用を利かせることができます。
クッキーなどの焼き菓子、グラタンを作るときに重宝します。
ちなみに、電子レンジはマイクロ波で水分子を振動させて熱を発生させます。オーブンは加熱した空気によって焼きます。
スチーム
スチームを吹きかけて温めることによって、余分な油分を落とし、ヘルシーに調理できるタイプです。肉・魚料理だけでなく、茶碗蒸しや野菜の加熱にも使えます。
タンクに水を貯めるタイプと、庫内に水を張った容器を入れるタイプがあります。
脱臭機能
嫌な臭いがつきにくくなる機能です。しかし、お手入れ・掃除が全く必要なくなるわけではありません。
出し忘れを知らせてくれる機能
電子レンジでチンした後に、扉をあけずに一定時間が経過すると電子音でお知らせする機能です。うっかり出し忘れてしまうのを防ぎます。

一人暮らし用では、庫内容量は15~21リットルくらいになります。お客様や友達を頻繁に呼んで、料理でおもてなししたい方は、少し大きめの庫内容量を選んでも良いですね。

電子レンジを買うときは、価格も大切ですが、本当に必要な機能だけついたものを選ぶようにしましょう。例えば、単純に食品を解凍・温めるだけという方は、オーブンもスチームも必要ありません。逆に、料理にとても凝っているという方は、電子レンジとオーブンを別々に買うこともあると思います。

私は、時間のかかる料理を作るのが月に2回くらい、また食パンをよく食べるので、トースター機能だけ付いたシンプルな電子レンジを買いました。

一人暮らしの初期費用をなるべく抑えながら、大切に使っていける電子レンジを選ぶのが良いですね。

<<一人暮らしの必需品リストを作成して新生活の準備をしよう| 一人暮らし費用節約マニュアル |家計簿の項目の決め方>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 電子レンジを比較!一人暮らしに最適な電子レンジの選び方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/31