一人暮らし費用節約マニュアル > 家計簿のつけ方・コツ > 家計簿の予算の立て方【毎月の貯金を少しでも増やす】

家計簿のつけ方・コツ

家計簿の予算の立て方【毎月の貯金を少しでも増やす】

一人暮らしの家計を管理するのに家計簿をつけることは、節約して生活費がオーバーしないようにする、または毎月貯金していくのにとても重要なことです。

でも、初めて家計簿をつける場合は、どのように項目を決めてよいのか分かりにくい点もあります。決められた金額の範囲で生活費を管理する為に、最初に予算を決めていきましょう。

私の場合、予算はおおまかに生活費・貯金・特別費(予備のお金)に分かれます。

まず、基準となる金額は勤務先からの給料の手取り金額になります。

生活費は、給料(収入)から、固定支出(家賃・水道光熱費・固定電話代・保険料など、必ず金額が決まっている支出)を差し引いて、残った額を食費・日用雑貨費・交際費に割り当てます。そして、それぞれの項目に月いくらかけるのか予算を決めておきます。

まずは1ヶ月生活してみて、おおまかな費用を割り出してから各項目の予算を決めていくのが良いです。実際にかかってしまった金額が予算とかけ離れていると意味がないので、無理のない範囲で管理・節約し、予算以内でお金を使っていくようにしましょう。

慣れてきたところで、可能なところから予算を減らしていき、貯金する額を増やします。毎月の支出内容を確認しながら無駄な買い物や、より費用を安くすませる工夫をすることで予算オーバーせずに家計管理ができるようになります。

<<一人暮らしで光熱費を計算して平均出費額を割り出す| 一人暮らし費用節約マニュアル |一人暮らしで部屋を借りる初期費用を計算する>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 家計簿の予算の立て方【毎月の貯金を少しでも増やす】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/20