一人暮らし費用節約マニュアル > 家計簿のつけ方・コツ > 家計簿が長続きしないときはつけ方を見直す

家計簿のつけ方・コツ

家計簿が長続きしないときはつけ方を見直す

節約する為に家計簿をつけ始めてみたけれど長続きせず、挫折してしまった・・・。

あなたにとって毎日続けるには少し無理があった、又は相性が良くない方法だったのかもしれません。

でも、家計簿のつけ方を見直し、方法を変えてみればうまくいく可能性は充分にあります。今までのつけ方を診断して自分にとって負担にならない方法を試してみましょう。

毎日つける負担を軽くするには、
少し大ざっぱになっても良いので、項目を減らしてみる。
レシートをそのまま貼るようにして書き込まない。
思い切って「食費のみ」など、1項目に絞って他は書き込まない。次の月から徐々に項目を増やす。
頻度を減らすには、
1日おきに2日分まとめて記帳する。
レシートなどを保存しておき、1週間に1回まとめて記帳する。
エクセル(Excel)に出費項目と金額だけ入力しておき、ひと月に一度まとめて計算する。

など、一人暮らしの生活で負担にならずにつけられる習慣を少しずつ身に付けていきましょう。自分なりのコツをつかんでしまえば、もう長続きさせることは簡単です。

家計簿は1ヶ月の出費金額を把握して、次の月以降の生活費・費用を節約し、家計を管理することが目的です。1円や10円の差額は最初のうちは気にしないようにしましょう。始めから完璧さを求めてしまうと、うまくいかず挫折してしまう原因になりかねません。

<<自炊を始めるための調理道具・器具を揃えよう| 一人暮らし費用節約マニュアル |朝食のメニューに適した食品とは>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 家計簿が長続きしないときはつけ方を見直す

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/45