一人暮らし費用節約マニュアル >引越し準備のコツ

引越し準備のコツ

引越し準備のチェックリストでうっかり忘れを防止する

初めて一人暮らしを始める際には、引越し自体が初めてという方も多いと思います。

準備期間や前日、当日に確認できるチェックリストを手帳やスマホ・携帯にメモしておき、見直しながら進めておくことで、慌てることなく引越しを進めることができます。

電気・ガス・水道などのライフラインや転入・転出届けなどの手続きは忘れないと思いますが、私が経験した中で意外と忘れるかもしれないと考えられる項目を以下にまとめます。

石油ファンヒーターの灯油抜き

今はエアコンの性能が上がってきているので、使われる方は減ってきているかもしれません。

私は一人暮らしを始めた当時、メインの暖房器具として使用していたのですが、引越し時期が夏場だった為、しまっておいた石油ファンヒーターに灯油が少し残っているのを忘れていて、引越し当日に慌てて灯油を抜きました。

引越し業者は火災などの事故防止の為、灯油が入ったポリタンク・石油ファンヒーターなどは運搬してくれません。

事前に抜いて処分するか、引越し先が近い場合は自分で運んでおきましょう。

引越し当日に必要になるものは自分で持っておく

下着・シャツなど着替えや必要な薬、女性の場合は化粧品など、当日必要になるものはバッグに入れて自分で運ぶようにしましょう。

引越し直後にダンボール箱からすぐに出せる状態とは限らないからです。

また、財布などの貴重品は自分で持ちますが、引越し先で片付けを始めた際に予想していなかった買い物が発生することがあるので、現金は少し多めに持っておいたほうが安全です。

私の場合、カーテンを取り付ける部品や電球が足りなくて買いに行った憶えがあります(組み立てや取り付けに使うドライバーなどの工具はあらかじめバッグに入れていました)。

夜遅くの引越しで次の日が仕事の場合は、勤務先に持っていく鞄も自分で持っておくのが良いでしょう。

ゴミ袋と簡単な掃除道具

引越し先で片付けを始めると、あっという間にきれいな部屋が散らかって汚くなります。

家具の設置や棚にいろいろな物をしまう前に、ゴミ袋と簡単に使える掃除道具(クイックルワイパーや雑巾など)をダンボール箱から出しておきましょう。

運ぶのが苦でない場合は、自分で持っていくのも良いと思います。

私の場合、遅めの時間の引越しで片付けが一晩で終わらず、どのダンボール箱にしまったのか掃除道具が見つかりませんでした。

散らかった汚い部屋でコンビニ弁当を食べ、ほこりに囲まれながら眠るという状態になったので、どうか同じ体験はしないようにして下さい。

引越し準備のコツ

引越しの料金を少しでも安くする方法

引越し業者の見積もりを比較して、依頼する業者が決まったら、交渉・手続きして料金が決定します。このときに条件や準備方法によって料金を割り引きできるかぜひ引越し業者に聞いてみましょう。

ダンボール箱を自分で準備する
ダンボール箱は通常引越し業者が必要な数を準備してくれます。でも、ダンボール箱が見積もり料金に含まれている場合は、自分で用意してしまって料金を割り引けるか交渉してみましょう。ダンボール箱は近所の薬局やスーパーで聞いてみるともらえる場合があります。ただし、一度雨に濡れたものは耐久性が落ちているので使わないようにしましょう。
平日に引越しを実行する
引越しの実行日は土日・祝祭日に集中することが多いので、注文が比較的少ない平日を狙うと料金が安くなります。仕事で休みをとることが難しい場合は仕方ないのですが、可能であれば有給休暇を1日でも消化してなるべく平日に引越しを実行できるのがベストです。
時間を遅めに設定してもらう
引越し当日に来てもらう時間を遅めにしておくと料金が安くなる場合があります。引越し業者は一日に何件ものお客さんを対応している為、順番が最後の方になるとスタート時間が多少遅れることがあります。 午前中の早い時間ではなく、午後の遅い時間でも良い(お任せにしてしまう)と契約時に伝えておけば、引越し業者からすれば時間指定が実質ないことになり余裕ができます。
自分で全て荷造りする
「お任せパック」のような名称で、全て引越し業者が荷造りしてくれるコースがありますが、料金はその分高くなります。時間になるべく余裕をもって準備を始め、荷造りは全て自分で行いましょう。また、どのダンボール箱に何の荷物をしまっておいたか荷物を出すときに把握しやすいという利点もあります。

引越し準備のコツ

引越し業者の見積もりを比較して料金・費用を安くする方法

一人暮らしを始めるのに、部屋(賃貸物件)を探すのと同じくらい大変なのが、引越し業者を探して手続きをすることです。

私が初めての一人暮らしで引越しの準備をしたときは、タウンページに掲載されている引越し業者一つひとつに電話をかけなくてはなりませんでした。荷物の量や運ぶ距離を伝え、実際に部屋に来てもらって見積もりを算出し、料金・費用を比較して決めることができました(初めての引越しはアーク引越センターに依頼しました)。

実際にやってみると引越し業者ごとにやり取りが発生するので、かなり大変です。引越しの準備期間に時間的余裕がなかったり、初めての一人暮らしで分からないことが多かったりする場合は、なおさら苦労します。

最初にA社に電話して訪問してもらう日を決めて、次にB社に尋ねて見積もりを出してもらって、A社を待っている間にC社のサービス内容を確認して、B社と比較してみる・・・なんて作業は準備で忙しい時期にこなすのはとても困難です。

しかし、現在はインターネットを使って、無料で引越し業者の見積もりを一括で比較できるので、とても便利です。初めて引越しの手続きをされる方でも、料金の相場を簡単に調べてシミュレーションすることが可能です。

家計をうまく管理して生活費をやりくりする為には、初期費用を少しでも安く抑えることが大切です。一人暮らしの節約は、引越し業者を比較するところからすでに始まっています。

予定より少ない料金で引越しすることができれば、残ったお金は家具を購入したり、最初の月の家賃に回したりするなど、余裕あるスタートを切ることができます。

限りある時間を効率良く使う為にも、費用を節約する為にも、一括で料金を比較できるサービスをぜひ利用してみて下さい。