一人暮らし費用節約マニュアル > 一人暮らしの部屋選び > 一人暮らしの部屋選びで決めておく条件とは

一人暮らしの部屋選び

一人暮らしの部屋選びで決めておく条件とは

一人暮らしを始めるときは、部屋を探して選びますが、不動産屋を訪ねたり、情報誌を見る前に条件を決めておきましょう。条件を決めたら、それぞれに優先順位をつけておきます。

優先順位を決めておくと、絶対に譲れない条件や、家賃がいくら以下だったら許せる範囲といったものが明確になり、スムーズに部屋を選ぶ・探すことができます。内容を紙にメモしておくのが良いですね。

代表的な部屋選びの条件には、以下の項目があります。

家賃
特別な事情がない限り、収入(お給料の手取り額)の1/3以下に抑えるのが良いでしょう。条件が良いからといって、高い家賃の部屋に住むのはリスクが生じます。費用・生活費のシミュレーションを事前に行い、無理のない家計で生活できるようにするのがベストです。
部屋の間取り
当然のことではありますが、部屋が広くなるほど、部屋数が多くなるほど家賃が高くなります。生活の便利さだけでなく、家具・インテリアの大きさや、運び入れる荷物の量も考慮しておく必要があります。
私が初めて一人暮らしをするのに借りた部屋は、1K(6.5畳+キッチン)でした。
賃貸物件の場所
駅から近く、さらに急行・特急列車が止まる駅の方が家賃が高くなります。職場までの通勤距離や、まわりにあるお店・施設・環境などの便利さを考慮して、住みたい街・範囲を決めましょう。
賃貸物件の建物
築年数が10~15年を過ぎた物件は、家賃が安くなっていることが多いです。また、木造アパートより鉄筋コンクリートのマンションの方が家賃は高めですが、防音に優れているという利点があります。まわりの音がどうしても気になって仕方がない方は、防音設備になっているか確認しておきましょう。
日当たり
一般的に南向きの部屋が日当たりが良いとされていますが、実際はまわりにある建物の位置・高さに左右されます。丁度良い時間帯に部屋を下見しておく必要がありますね。梅雨のカビや、洗濯物干し、暖房費に関わることなので、軽視することはできません。
バス・トイレ
バス・トイレが別だと、家賃も高くなります。また、洗面台の有無、バスと一体型になっているかもチェックポイントです。私はほとんど使わないのですが、お風呂に追い炊き機能があるのか確認しておきましょう。

番外編として、近隣の住民・環境が挙げられます。同じ建物に住む人はやっぱり常識のある方が良いに決まっています。入り口にある掲示板をチェックして、注意書きや警告文がびっしり貼られている物件は、ルールを守らない方が住んでいる可能性があります。事前に詳しく調べることは困難ですが、できるだけ不動産屋の方などに話は聞いておきましょう。

<<一人暮らしのガス代は毎月いくらかかるか?| 一人暮らし費用節約マニュアル |一人暮らしでかかる水道代は1ヶ月でいくらか?>>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一人暮らしの部屋選びで決めておく条件とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://2twig.com/mt/mt-tb.cgi/28